POSSIBLEFUTUREOFJAPAN/かもしれない日本〜縮小時代の建築・都市のゆくえ〜

KAMO_Image_1_web_2KAMO_Image_10 KAMO_Planel_5 KAMO_Planel_6KAMO_Planel_2

  • 代々木ビレッジコンテナートで行った建築・都市分野に関する展覧会。人口減少と少子高齢化、公共インフラの余剰や空き家の増加等、縮小時代の様々な現象を一度フラットに受け入れ、なおも発展する都市は存在しうるのか、都市解析者とデザイナーの共同研究で明らかにした。こうした縮小時代だからこそ描ける都市「かもしれない日本」を、合計9つのリサーチ+ドローイングで表現した。メディアの注目も高く会期中、3000人近い来場者が訪れた。

/

  • This exhibition that refers to some phenomenons in an architectural field and urban studies was held in Yoyogi village. We tried to confirm if there is any possibilitiy of urban growth in shrinking era with decline of polulation, surplus of vacant housings and public infrastructure and etc… with the team composed of urban analysis and designers. 9 sets of reserch and drawings express the image of “possible future of Japan”. Neary 3000 visitors visited this exhibition.

 

コメントを残す